サロンM&Aネイルサロン・エステサロン・美容サロン経営
株式会社M&A LABO

美容サロンをM&Aで買収するには?基本的な流れと注意点を解説

競争が激しい美容サロン業界では、M&Aも活発に行われています。近年では男性からの美容ニーズの高まりなどから、美容サロンでM&Aで買収して新規参入するケースが増えています。そこで今回は、美容サロンをM&Aで買収するメリットや流れについて解説します。

美容サロンをM&Aで買収するメリット

他業種からの新規参入が増えている美容サロンですが、M&Aの利用によって得られるメリットがいくつかあります。美容サロンをM&Aで買収するメリットをご紹介します。

初期費用を抑えられる

ゼロから美容サロンを開業するとコストや時間がかかります。

しかし、M&Aによって既存の美容サロンを買収することで初期費用を抑えられる可能性があります。たとえば、店舗や設備、備品に関する初期費用などです。

また、M&Aによる買収であれば従業員も引き継ぐことができます。そのため、開業時の新規採用にともなう費用と時間を大幅に削減可能なところもメリットです。

事業拡大ができる

近年、美容サロン業界全体の売上は好調です。

そのため、業界への新規参入を検討している他業種の企業も少なくありません。M&Aにより既存の店舗を買収すれば、スピーディーに自社の事業拡大が可能です。

近年の大手企業による美容サロンの買収事例をみても、異業種からのM&Aが目立ちます。既存事業の基盤を組み込むことで、大規模な事業拡大を進められるでしょう。

美容サロンのノウハウを獲得

異業種であれば、美容サロンの知識がゼロに近い状態でしょう。

しかし、M&Aで既存の店舗を買収できれば、築き上げたノウハウを獲得することができます。そのため、異業種からの新規参入でもスピーディーな開業が可能です。

また、美容サロンを経営する企業同士のM&Aであれば、双方のノウハウを活かした事業につながります。今後の事業展開をふまえて適切な相手を探してください。

美容サロンをM&Aで買収するときの注意点

業界内でも盛んに行われているM&Aですが、美容サロンを買収するうえで注意すべきポイントもいくつかあります。以下の注意点をしっかりと理解してM&Aを選択しましょう。

haircut saloon on background. chamomile in vase close up

ビジネスモデルの整理

事前に美容サロンをM&Aで買収する目的や条件をはっきりさせる必要があります。たとえば、新規事業の開拓or事業規模の拡大では大きく異なります。買収価格の設定だけでなく、どのような美容サロンを探しているのかなども決めておきましょう。あらかじめビジネスモデルを整理しておくことで、適切な候補探しにもつながります。

スピーディーな判断

M&Aによる買収の成功にはスピーディーな判断が求められます。慎重に選択することも大切ですが、迷っている間に他社に買収されてしまうかもしれません。最終的な判断を急ぐ必要はありませんが、早めにアプローチして独占状態にしておきましょう。そのために、事前準備をしっかりと行い、冷静に判断できるようにしておくことが大切です。

美容サロンをM&Aで買収する流れ

美容サロンをM&Aで買収するにあたって、きちんとした事前の準備・計画が必要です。なぜ美容サロンを買収したいのか、希望条件は何かなど、ポイントを整理しておきましょう。具体的に美容サロンをM&Aで買収する流れをご紹介します。

売り手を探す

美容サロンの買収に限らず、M&Aではさまざまな場面で専門知識が求められます。これに対応できるように、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリーといった専門家のサポートを受けることは必須です。専門家とM&A戦略を策定するための相談をしつつ、自社の希望に沿った適切な売り手候補を絞っていくための準備をしていきましょう。

条件交渉と基本合意書の締結

次に、対象会社が決定したら具体的な交渉に進みます。売り手側と買収価格や従業員の処遇といった条件の話し合いを行い、すべてがまとまったら基本合意書の締結です。基本合意書はM&Aの取引成立を確約するものではなく、最終的な契約までに必要なプロセスやスケジュールなどを双方で明確にするために結ばれるものです。

デューデリジェンス

最終契約の前に、調査と問題点の検証を実施します。

相手企業に法的な問題はないか、債務状況はどうなっているかなど、デューデリジェンスによる問題点の洗い出しによって、買収によるリスク回避につながります。

また、デューデリジェンスには法務や財務、税務などの専門的な調査が必要です。M&A仲介会社など専門家に依頼すれば、サポートやアドバイスが受けられます。

契約・クロージング

交渉がまとまれば、最終的な合意によって契約となります。株式譲渡の場合、株式の引き渡しと対価の支払いがクロージングとなり、これにより経営権が移転します。また、美容サロンの店舗があるため、店舗の資産譲渡や賃貸借における諸手続きも必要です。

まとめ

美容サロンの買収を成功させるためには、早い段階から準備に取り掛かり、目的や条件を明確にすることです。それでも、M&Aの経験がなければ「どこへ相談すれば良いのか分からない」という人もいるでしょう。美容サロンのM&Aについて少しでも疑問があったり、不安を感じたりする場合は専門のM&A仲介会社に相談をしてみてください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。